当然ですが借りすぎないこと

キャッシングをする際の注意点は、当然ですが借りすぎないことです。そんなの当たり前と思われるかも知れませんが、その当たり前ができない方が多いので、これだけ多重債務の問題が続いているのです。もう何十年も言われていることですが、一向に改善の兆しが見られないわけです。

 

人間はもともと動物なので、本来先のことをあまり考えないものです。例えば自分のペットの犬や猫にクレジットカード、キャッシングのカードをもたせたところを想像してみてください。どうなるか大体想像がつくでしょう。

 

人間はよほどしっかり自己管理をしないと、動物の本能によってそうして使いすぎてしまうのです。なので、キャッシングの注意点としては何よりもまず、借りすぎないということです。

 

返済計画の立て方

返済計画の立て方は、無理のないものにすることが大事です。できるだけ早く完済した方がいいのは確かですが、あまり無理な目標を立てて自分を追い込むと、かえってプレッシャーから集中力が落ちてしまい、仕事の能率が落ちたり、風邪を引いたりしやすくなります。

 

それで目標を達成できないと落ち込んでさらにストレスを貯めて買い物をし過ぎてしまうという悪循環に陥ってしまうこともあるので、まずは無理なく達成できる返済計画を立てて、それを確実に実行して自信をつける、ということが大事です。人間には成功体験が必要なのです。

 

一番便利な返済方法

これは利用するカード会社にもよるのですが、大抵はカードでそのまま返済ができるようになっています。つまり、提携ATMにカードを挿入して、「○○円返します」と入力し、その金額のお札を入れれば返済ができるというシステムです。電話をしたりしなくていいので、いつでも気軽に返済でき、便利です。

 

 

カードローンが作れない方の属性

カードローンが作れない方の属性、タイプとしては、やはり無職というのが大きいでしょう。あとは職業があっても借入総額が大きい方です。その他、職業があっても年収が低い方、勤続年数が短い方、今の住居での居住年数が少ない方などのカードローンを作れないパターンに当てはまります。また、収入証明書を要求される金額なのに、収入証明書がない、という方も審査に落ちてしまいます。

 

どれも当たり前のことなのですが、こうした方ほどカードローンの需要が大きいのも確かで、なかなか難しいところです。とりあえず、カードローンの審査は「その人のため」にあるものなので、結果には従うことが大事でしょう。