返済能力がないと

借入ができない人のパターンは無数にありますが、まずはやはり年収が少ないということでしょう。年収さえあればたとえ無職であっても借入はできるのですが、年収がないということは返済能力がないということとイコールなので、当然融資はできません。

 

まれに年収がなくてもものすごい貯金があるという人もいるかも知れませんが、そうした方はそもそもキャッシングローンを使う必要がないはずなので、そうした方がキャッシングローンの審査に申し込んで落ちる、ということは稀でしょう(そもそも申し込みをしないということです)。

 

無職である、正社員でない

次に多いのは無職であるというパターンです。あるいは無職ではないけど、フリーターであったり非正規雇用である、つまり正社員でないというパターンです。

 

正社員でなくても派遣社員や、ある程度年収があるフリーターであれば借入は問題なくできます。しかし、やはり無職となるときついでしょう。貸し出す方も不安ですが、そもそも借りる方も借りた後で本当に返せるのかどうか不安に思っているはずです。

 

無職の方が借りられないというのは、カード会社のためというよりも本人のためなのです。無職でもものすごく貯金があるという人も、上に書いた通りいるかも知れませんが、これもやはり例外的なものなので、基本的に無職の方は借りづらいと考えていいでしょう。

 

他社での借入総額が多い

他社も含めた借入総額が多い人も、当然審査に落ちることが多くなります。キャッシングローンの世界には総額規制というものがあり、借入総額が年収の3分の1を超えてはならないというルールになっています。他社からの借入総額がすでにそれを超えている方は、借入ができないのが決まりです。

 

過去に他の会社、その会社で事故を起こしたことがある

事故というのは延滞などのトラブルです。そのカード会社でも他のカード会社でも、過去にこうした事件を起こしたことがある方は、それが記録に残っているので、審査でマイナスとなります。

 

かなり前の出来事であればもう時効となっていることもありますが、数年くらいであれば確実に残っています。また、その事故の度合いによっても融資ができるかどうかが変わります。悪質な延滞をしてしまった場合は、その後の審査は常に厳しいと考えましょう。