も収入証明が不要というキャッシングの会社はない

当然のことながら、どれだけ借りても収入証明が不要というキャッシングの会社はありません。あるとしたらそれはヤミ金と言われるものであり、絶対に手を出してはいけない会社です。まともなキャッシングの会社であれば、そのようなむちゃくちゃなルールはもうけていません。

 

大体いくらくらいまで収入証明が不要かというと、これは会社によって違うのですが、50万〜200万円という範囲が一つの目安です。金額が多い会社の方がいいようですが、そうとも限りません。というのはそういう会社はその分実質年率が高くなっている、というようなデメリットもあるからです。
(絶対に高くなっているとは限りませんが、あくまでそういうケースもあるということです)

 

収入証明書不要なはずなのに、提出を求められた

収入証明不要なはずの金額なのに、提出を求められるというケースもたまにあります。これはなぜ起きるかというと、過去にその方が別のカード会社で延滞などをしたことがある、という可能性があります。そうした事故の履歴が残っていると、信用情報に傷がついているので、確認を求められるわけです。

 

それ以外でも他社から現時点で借入があったり、その他何か不審な点やカード会社にとって不都合な点などがあったりすると、収入証明書不要の範囲内でも証明を求められるケースがあります。これについては従うしかないので、収入証明書を持っている方は提出するようにしましょう。

 

収入証明書がない場合はどうすればいい?

提出を求められたのに収入証明書がないという場合は、まずない理由を説明しましょう。無職だからないという場合は残念ながら融資は難しいと思われます。また、自営業だからないという場合も通らないかもしれません。

 

というのは、自営業でもしっかり確定申告などをしていれば収入証明はあるはずだからです。「経費が大きかったので、去年の課税所得がない」という人もいるかも知れませんが、課税所得がない以上、その方は無収入と判断されるので、これもやはりダメです。

 

収入証明書が何のためにいるのか考えよう

そもそも収入証明書が何のためにいるのかというと、その人を守るためにあるのです。多重債務で破産しないようにですね。なので、あくまで貸出をケチるためではなく、自分を守ってくれるためのルールだと思い従うようにしましょう。