年収がどれだけあるかは未知数

フリーターでもキャッシングローンの審査には通ります。そもそもフリーターといっても年収がどれだけあるかは未知数です。ほとんどの方はフリーターの収入は低いと思っているかも知れませんが、極端な話、キャバ嬢などのフリーターであれば、普通のサラリーマンより年収が多いということはよくあります。

 

なので、フリーターだからといってお金がないとは限らない、ということをカード会社の側もよくわかっています。キャバ嬢という例は極端かも知れませんが、たとえば自動車工場の期間工の仕事であれば、アルバイトでも月収40万ということはよくあります(そのかわり大変なお仕事ですが)。

 

こうしたことを考えると、その収入証明書さえしっかり出せれば、フリーターでも問題なくキャッシングローンの審査に通ることができる、といえるでしょう。

 

しかし、正社員よりは審査が厳しい

当然ですが、正社員よりは審査は厳しくなります。確かに年収があれば一応返済能力はあるということですが、それでも身分がしっかりしていないということは確かで、いざというときに雲隠れをされる確率もあるからです。

 

その点、正社員であれば身元がよりはっきりしているため、雲隠れなどもしにくく、信用できるといえます。また、基本的に正社員として働く人の方が、フリーターとして働いている人よりもまじめに返済する確率が高いといえます。この点については多くの人が同じ意見でしょう。別にカード会社の偏見ではありません。

 

フリーターの場合、いくらまで借りられる?

これはその人の年収によります。借入総額のルールというものがあって、年収の三分の一までは借りられるという仕組みになっています。なので、フリーターの方でも年収が200万あったら、大体総額で70万程度まで借りられるということです。

 

フリーターが借入をするときの注意点

フリーターというのは、明日クビになる可能性もあるということです。本人に落ち度がなかったとしても、経営がうまくいかなくなって人件費をカットしなければいけないとなったら、真っ先に切られるのはフリーターの方です。そのことはフリーターの方もよく知っていると思いますが、ある日突然収入がゼロになる可能性がある、ということはよく意識した上でキャッシングローンを利用するようにしましょう。