即日融資に必要な条件や書類は、カード会社によって多少異なります。ただ、大抵の場合は希望の金額に見合った年収さえあって、それを収入証明書によって証明できるのであれば問題ないといえます。その他、職業や勤続年数、居住年数なども調べられますが、これらの条件が一定レベルを超えていれば、それで即日融資は可能となります。

 

即日融資も普通の融資も、必要な条件は変わらない

即日融資の場合も普通の融資をしてもらう場合も、必要な条件はさほど変わりありません。つまり、普通の融資で問題なく通る人であれば即日融資の融資も問題なくクリアできるということです。

 

強いていうなら、即日融資は時間が命なので、必要書類を郵送ではなくスキャンしてメールで送る、という点は大きな特徴だといえます。つまり、免許証、保険証、パスポートなど、ありとあらゆる書類の提出がメールでいいわけです。

 

もっとも、今どきはほとんどの方がキャッシングローンの申請はネットでするとは思いますが、即日融資の場合はネットでしか受け付けていないことが多いというのが、普通の融資との違いだといえます。

 

身分証は、種類によっては2つ以上必要

身分証は、たとえば免許証の場合はそれ一つでいいということもありますが、保険証などのように顔写真がないものになると2ついるということもあります。また、身分証でなくても電気料金など公共料金の支払いの請求書でもいい、という場合もあります。

 

基本的に一番重視されるのは運転免許証です。なので、免許証がある方はできるだけそれを使って申請するようにしましょう。今紛失しているという方でも、スキャンした画像がもしパソコンの中などに残っているならそれを使える、という人がいますがそれは間違いです。

 

免許証を紛失中なら、過去のスキャン画像は使えない

免許を紛失しているということは、再発行したら番号なども変わるということです。なので、なくす前のスキャン画像が残っているといっても、それを使ってはいけません。現時点で免許が手元にないなら、他の身分証で申し込むというのが鉄則です。

 

また、身分証は学生証、社員証などの組織による証明書の場合はやや弱いケースが多いです。こうしたものが使えるかどうかはカード会社によりますが、詳しくはそれぞれの会社のルールをみてください。