キャッシングローンは専業主婦でも使うことができます。専業主婦の審査の場合、旦那さんの収入も審査に入れてもらえますから、本人に収入がなくても旦那さんの年収から返済ができるということが証明できれば問題ないわけです。

 

ただ、当然ですが旦那さん本人が申し込むよりは信用力が落ちます。どのくらい落ちるかはカード会社の判断によって別れるところですが、たとえば旦那さんの年収が600万だったとして、その奥さんが申し込んでも600万円分の信用力を得るのは無理です。大体150万程度の信用力となる、と判断していいでしょう。

 

パートをしている専業主婦の場合は?

この場合はよりキャッシングローンを利用しやすくなります。パートとは言えしっかり働いているわけですし、その年収によって借りられる金額も大きくなります。

 

大抵の専業主婦の方の場合、パートの年収は扶養を外れない範囲にしているはずです。なので年収103万より低いとは思いますが、キャッシングのルールとして、年収の3分の1までは借りられるというものがあります。この借入総額のルールに従うと、103万の年収の方の場合、34万くらいまでは借りられるということです。

 

つまり、パートで収入がある専業主婦の方の場合、34万くらいまでは旦那さんの年収が一切関係なしに借りられるということですね。もっとも、103万近くまで働く方を「専業」の主婦というかは定義が別れるところですが…。

 

過去に借入をしている専業主婦の場合は?

これも借入総額が年収の3分の1に達していなければ大丈夫です。その主婦の方本人に年収がない場合は、上に書いたように旦那さんの年収や勤続年数、家の居住年数などによって総合的に判断し、いくらまで貸し出せるか会社が判断します。このあたりのさじ加減は会社によってまったく違います。

 

旦那さんに秘密でも借りることはできる?

これは会社によりますが、旦那さんに秘密でも、その収入証明書さえ送れば借りられる、ということが多いです。しかし、あまりおすすめはできません。完済すれば問題はないわけですが、夫婦間の隠し事はできるだけ少ない方がいいですし、収入証明書を送る以上、会社は「旦那さんは知っている」という前提に立って行動するからです。なので、できるだけ話してから借りた方がいいと言えます。