ニートでも借入は可能です。ただし、ニートの定義が人によって違うので、まずはそこから考える必要があります。たとえば人によっては、バイトはしているけど実家から独立していない、という人をニートという場合もあります。あるいはバイトすらしていないという人をニートということもあります。

 

前者の場合はしっかり収入があるわけなので、その金額によっては問題なく借入ができるでしょう。この場合はニートというよりフリーターという扱いになるかも知れませんが、とりあえず問題なく借入できます(金額はその人の年収によります)。

 

一方後者の場合は完全に年収がないということで、借入はかなり難しくなります。親が保証人になってくれたら借りられるケースも多いですが、その場合もかなり金額などは厳し目になると考えた方がいいでしょう。その方が本人のためでもあるからです。

 

貸出の審査が甘い会社は逆に警戒が必要

このようなニートの方で親が保証人にならなくても簡単に貸し出してくれるという会社もあります。しかし、そのようなカード会社については逆に注意が必要です。その分実質年率が高いなど、何らかのデメリットがあることが多いからです。あるいは、もう廃止されているグレーゾーン金利と呼ばれる高めの金利で貸し出しているということもあります。

 

このようなカード会社はいわゆるヤミ金と呼ばれる会社であったり、あまりいい会社でないケースが多いです。まともな会社は審査も厳しいという当たり前のことを再度意識すべきでしょう。

 

基本的に、誰でも一定の年収は確保しておくべき

これは少し説教くさい話になってしまうかも知れませんが、誰でも一定の年収は確保しておくべきです。これはカード会社を利用するかどうかは別の話にして、年収があった方が精神的にも安心できるはずです。恒産なくして恒心なしということわざもありますが、一定の年収があって初めて精神的にも安定するというのは、大昔から言われていることなのです。

 

どうしても急な出費が必要な場合はどうするか?

そうはいっても急な出費がどうしても発生して、借入が必要ということもあるでしょう。そのような場合は1ヶ月無利息などのキャンペーンを提供しているキャッシングローン会社を利用するのがいいでしょう。こうした無利息キャンペーンを利用すれば、その期間内にその借入分を稼げば問題ないからです。